パソコンを自作する際に気をつけたいこととは?

パソコンを自作する際に気をつけたいこととは?

初めてパソコンを自作しようとする人の多くは、メーカー製のパソコンに何らかの不満が生じた、自分好みのものを作りたくなった、あるいは費用を抑えて高性能なパソコンが欲しくなったという人でしょう。自作はパーツの部位や動作の意味を理解するにも良い教科書となるので、チャレンジすることはとても良いことだと言えます。しかし、何も考えずにスタートしてしまうと、せっかく良いパーツを揃えても失敗してしまうこともあるため、気をつけなければいけない点もあります。まず、パソコンのパーツはどんなものでも使えるというわけではなく、規格に合ったものが無ければ動作どころか差し込むこともできないものがあります。良く失敗する例としてはマザーボードとCPUおよびメモリの問題で、買う順番を適当にすると規格が合わずに使えなかったということもあります。全てのパーツが集約されるマザーボードを最初に決めて、これを基準にCPUやメモリを選択していくと失敗する可能性を大きく減らすことができます。どうしても難しいという場合は、実店舗でスタッフに相談しながら決めていくというのもひとつの方法です。また、例え使用できる規格だとしても、個々のパーツには相性という問題もあります。例えパーツが組み合わさっても動作するという保証がなく、相性によっては全く動かないこともあることは注意点として理解しておきましょう。この問題は熟練者でも予期できる問題ではないため、ショップによっては相性問題で動作しなければ返品を受け付けるという特約を付けているところもあるため、初めての人は利用すると良いでしょう。

Related posts