予算10万円でハイスペック自作パソコンは作れる?

予算10万円でハイスペック自作パソコンは作れる?

パソコンの自作に10万円の予算があるならかなりのハイスペックマシンが作成できます。パソコンパーツは為替に左右されるので円高の場合は予算が厳しくなってきますが、それでもパーツをしっかり選ぶことでハイスペックにすることはできます。
パソコンを10万円で作るとなると必要になるのがケース、メモリ、グラフィックボード、CPU、電源などです。どのパーツも1万円以上することが多いものばかりです。そのため、まずはグラフィックボードを決めます。CPUも重要ですが、10万円の予算を考慮するとグラフィックボードは4万円程度が上限となります。AMD、Nvidiaともに十分ハイスペックなカードが買えます。CPUについてはi7系はきびしいのでi5系で2万円前後で選ぶことになります。CPUにグラフィックボード機能が付いているのですが、ハイスペックを求めるなら外部グラフィックボードは必須です。メモリは8GB程度あれば十分なことが多いので1万円前後、ケースと電源はセットで2万円前後で揃えられます。キーボードやマウスはこだわれば数万円することになるので、まずは動作させる意味で数千円で揃えればよいです。かなり厳しい予算での選択となりますが、CPUを上位にしたい場合はグラフィックボードを1ランク下げて3万円以下の機種にすることもできます。このランクでもゲームでは多くが動作しますし、真ん中よりもよいグラフィックモードで快適です。

Related posts